image

 

〒305-8571
茨城県つくば市
天王台1-1-1
筑波大学数理物質系
物理学域

google map
 
 

Archive for 11月, 2009

 
  • フラストレート磁性体における量子秩序

    磁性体におけるフラストレーションとは、古典的かつ局所的で、さらには唯一のスピン配置が自明に存在しないことと考えられます。この直接の帰結として、古典的な局所秩序変数の非存在と多数の近似的な局所安定状態の存在による特異な低エ […]

     
  • 幾何学的位相

    まず、量子力学ならび量子力学に従う物理系においては複素数が本質的であり複素数は絶対値と位相に分けられることに注意しましょう。これだけわかれば、量子力学での位相の効果のどうしても取り除けない「本質的」部分が「幾何学的位相」 […]

     
  •  
  • 秩序変数と対称性の破れ

    世の中には極めてたくさんのものつまり物質があり、それらはいろいろな形態をとっています。たとえば、水、炭酸ガス、シリコン、鉄などの物質が氷、水蒸気、ドライアイス、結晶、非結晶、磁石、等の形態をとっているわけです。これら物質 […]

     
  • 量子液体

    気体という「相」においてはその構成粒子のあいだに特定の位置の相関がなく、固体は粒子同士が規則的に並ぶといった強い位置の相関によって特徴付けられます。液体はその中間程度の位置の相関を持った相であるといえます。このように古典 […]

     
  •  
  • 量子液体の幾何学的位相による特徴付け

     
  • 量子ホール効果

     
  • 時間反転対称性

     
 
 
 
Tokyo/Japan: